初心者のFXは低レバレッジがおすすめ

少ない投資なら取引しやすい

FX分野おすすめ

銀行にお金を預けても、ほとんど利息がつかないので他のこともやってみようと調べてみて、手軽に始めることができるFXに挑戦してみることにしました。
名前はしっていても、どういうふうに取引をしていくのか、市場の流れを見ていくべきなのかということがわからないので、初心者向けの解説本やサイトを呼んで知識を蓄えることにしました。
わからない事が多いけれども、とりあえずどうやれば利益が出せるのか、という基本的なことは理解できました。
自分にはどんなやり方がよいのかということでレバレッジのことを考えてみました。
よくFXがおすすめされる理由として、レバレッジといって自分の手持ちの資金の最大で25倍もの投資をする事ができる事が挙げられますが、貯金がそれほど多くはないのでそこまで高い倍率は避けようと、低い倍率で始めることを決めました。
もちろん、レバレッジが低いと大きく稼げないわけですが、お金を増やしたいのに借金を抱えたくないので極力リスクを抑える方向に進んだわけです。

低レバレッジといっても初心者ならば2倍、3倍がちょうどいいといところを、より低い1倍でやってみました。
つまり自分の持っているお金以上の投資はしないということです。
1倍だとロスカットという一定以上の損が出たときに、強制的に決済されてしまうシステムのリスクも抑えることができということも、あえて高レバレッジをしなかった理由でもあります。
はじめてのFXでしたが、実際にやってみたらどんなものかとしばらくやってみたら、手数料も安くてとても取引がしやすくかったことで楽しみながら続けることが出来ました。

少ない投資なら取引しやすい外貨の動きの予想が大切少し稼ぐだけなら1倍で十分